病気の改善のために|躁鬱病で通院するのなら|家族の関わりが重要

躁鬱病で通院するのなら|家族の関わりが重要

女性看護師

病気の改善のために

相談

治療が必要な理由

一般的には、多くの精神病に関連したホームページにおいて「病気かもしれない時には早めに病院で専門医に相談しましょう」との記事が見られます。病院治療が効果的な理由として、「確実に症状が治まる治療薬を処方してもらう事ができる」という点があります。多くの躁鬱病の患者さんは自分が興奮状態になって八つ当たりを繰り返してしまう事で周囲からひんしゅくを買ってしまい、自分自身が傷付いてしまうという結果を恐れてしまっています。躁鬱病の患者さんは幼少の頃から、自分の二重人格のような性格を自覚して生活をしている人も決して少なくはありません。子供の頃は弱いものいじめをする、いわゆる「ガキ大将」のようなタイプで威張ることができていたとしても、しかし大人になってからの弱いものいじめは周囲から確実に迷惑がられてしまいます。いじめっ子の多くは自分の心の弱さを隠すためにそうした行動を取る子供もいて、その感覚が大人になっても残ってしまっているのです。躁鬱病が改善されない限り、いじめをする自分の性格を隠しながら無理して生きようとしてしまうため生きる事が辛く苦しくなってしまい、いつか誰かに八つ当たりをしなければならなくなってしまいます。しかし病院では、この厄介な八つ当たりの時に効果がある薬を処方してもらう事ができます。八つ当たりをしたい気分になっても、薬でフォローして病気の悪化を防ぐことができます。こうした理由からも病院での治療は効果があり、治療に必要不可欠なのです。

双極性障害に対する今後

躁鬱病の患者さんがハイの時に、自分の気持ちをわかってもらいたい事から八つ当たりをしたくなってしまったとしても、薬でフォローする事はできます。しかし根本的には自分の心の中に「なぜ私の気持ちがわからないのか」といった強い気持ちが隠れており、この感情が他者への八つ当たりのエネルギーにもなっています。そのため本当の改善のためには薬だけではその場凌ぎという事になってしまいます。こうした双極性障害の患者さんは、家庭環境によっても病気が引き起こされる悲しい病気でもあるのです。自分自身が悪くはなくても、例えば両親に「親の前では良い子でいなさい」と常に言われて育った、あるいは放ったらかしにされて育った子供の場合は、自分が病気だと気がつかずに大人になってしまう子供もいます。結果的に自分の気持ちをわかってもらいたいために他人を不幸にして、自分の気持ちを傷付け続けてしまっているために悪循環が生じてしまいます。専門書などを参考に、できれば自分自身で認識をするのが大切なのですが、わからないまま晩年を迎えて亡くなってしまう人も決して少なくはありません。これからは多くの人が病気の特徴を理解して、みんなでサポートできる大切を整えていく事が大切です。そして社会的に精神病の患者さんのためのサポートを、たくさんの人とで相談をしながらフォローする事ができる施設のような環境が整えられていく必要があります。いまでも専門の病院は増えてきているので、自分自身が躁鬱病かもしれないと感じたら、通院も考慮して探してみるのもいいかもしれません。