精神疾患の治療|躁鬱病で通院するのなら|家族の関わりが重要

躁鬱病で通院するのなら|家族の関わりが重要

女性看護師

精神疾患の治療

ドクター

精神疾患の治療の特徴

精神疾患には、躁鬱病や鬱病、適応障害などがあります。精神疾患は精神科や心療内科の病院で治療することができます。病院で適切な治療を受けることによって、精神疾患を完治させることは可能です。心療内科は内科の一種で、精神疾患に伴う身体の症状の治療を得意としています。躁鬱病や鬱病が原因で頭痛や胃痛などの症状がある場合は、心療内科で治療を受けることをお勧めします。精神科の病院は、重度な躁鬱病や鬱病などの治療に定評があります。薬物中毒による幻覚や幻聴などは心療内科では治療することができませんが、精神科では薬物中毒の治療も可能です。心療内科や精神科の病院では、薬物療法を中心とするさまざまな療法で躁鬱病や鬱病の治療を行います。医薬品の進歩によって、ほとんどの躁鬱病や鬱病は治療できるようになっています。薬物療法の他に、精神療法や心理カウンセリング等を併用して治療が行われる場合もあります。精神療法では、ストレスへの適応を促進させ、ストレス耐性を高めることによって、適応障害などの精神疾患を治療します。病院によっては認知行動療法や森田療法なども併用して病気の治療を行います。心理カウンセリングは、心理カウンセラーの有資格者が担当します。

精神疾患の治療の工夫

躁鬱病や適応障害などの精神疾患は薬で治ります。病院での薬物療法では、薬の依存性を防ぐために、症状の回復に応じて薬の量を減らすなどの工夫がされています。病気が完治すると、薬に頼らなくても健全な日常生活が送れるようになります。精神疾患の治療薬はドラッグストアなどでも販売されています。薬を購入する際には、薬剤師と相談してから購入するようにします。精神疾患を根本的に治療するには、精神科や心療内科の病院で医師による治療を受けることが望ましいです。精神科や心療内科の病院では、精神疾患の治療に最適な薬を処方してもらえます。精神療法や認知行動療法、心理カウンセリングを受けることもでき、精神疾患を根本的に改善することが可能です。精神科や心療内科の病院では、ほとんどの治療が保険診療で受けられます。薬も保険が適用されるので、市販薬を買うよりも安い価格で薬を購入できます。治療費の相場は初診料込みで5000円程度です。再診の治療費はさらに安くなります。病院で精神疾患の治療を受けた場合は、治療費は医療費控除の対象になります。確定申告をすると治療費の一部が戻ってきますので、領収書は必ず受け取って大切に保管しておきます。