躁鬱病で通院するのなら|家族の関わりが重要

躁鬱病で通院するのなら|家族の関わりが重要

病院でできる鬱病治療でココロを明るく

病気の改善のために

相談

育った環境や生活環境によって、躁鬱病を発症してしまう人がいます。子どもの頃の経験が関係しているケースもあります。いまは治療や薬が確立し始めているので、早めに病院に行くようにしましょう。

View Detail

適切な早期治療が重要

ナースと患者

重要な役割を担う家族

躁鬱病の初期症状は躁症状である場合も鬱症状である場合も存在します。そして、早期に適切な治療を受けることが大切です。しかし、早期に適切な診断を受けて治療を開始するにはいずれの症状が初期症状の場合でもハードルが存在します。初期症状が躁症状である場合のハードルは、患者本人が症状を自覚することが困難であるという点です。躁症状は患者本人にとっては不調や異変を感じる状態ではありません。従って周囲の人が高圧的であるなどといった以前とは異なる態度をみて、躁症状なのではないかと疑わない限り早期発見が困難なのです。一方の鬱症状が初期症状である場合には患者本人に不調や異変といった自覚症状がありますので、早期発見のハードルは躁症状よりは低くなります。しかし、発症している鬱症状が躁鬱病による鬱症状なのか鬱病などの他の精神疾患による鬱症状なのかを見極める必要があります。というのも、鬱病の際の治療に使われる抗鬱剤は躁鬱病の患者が服用すると却って症状を悪化させてしまう可能性があるからです。そして、いずれの症状が初期症状であった場合も重要な役割を担うのが家族の存在です。躁症状の場合には躁鬱病が発症していることに気づき、精神疾患の専門病院を受診するきっかけを作る役割を担うのが家族の存在です。いずれの症状が初期症状であった場合でも、患者が専門病院を受診する際に患者本人と共に家族も同行することが重要だからです。このような特徴を把握し、家族に躁鬱病が疑われるような症状が現れた際には家族が重要な役割を担うということを理解してくことは重要なのです。

通院時は家族の同行が大切

精神疾患の専門病院である精神科や心療内科は躁鬱病の治療の大きな味方です。そして、躁鬱病の可能性が疑われる患者が受診する際に家族が同行することが重要な意味を持つ理由はいくつかあります。もっとも大きな理由は、患者の様子を日頃から目の当たりにしていて、症状が現れる前と症状が現れてからの差や具体的な症状がどのようなものかを把握しているのが家族であることが多いからです。専門病院の医師が具体的な疾患名を診断し、どのような治療方法を選択するかについての判断を下す際に参考にする材料が患者側からの申告です。しかし、躁症状の場合は患者本人には自覚症状がほとんど無い訳ですので、具体的な症状を説明できるのは患者を身近に見てきた家族しかいないということになります。また、鬱症状の場合には具体的な症状に関する詳細な情報を得ることで、医師はその症状の原因が躁鬱病なのか鬱病などの他の精神疾患なのかの判断を的確に下すことが可能になります。それ故に家族からの情報が医師にとってとても重要な判断材料となるのです。このような特徴を踏まえ、家族に少しでも精神疾患を疑うような兆候や以前とは異なる芳しくない様子を感じた際にやることは決まっています。家族は積極的に精神疾患に関する情報を入手し、精神疾患の疑いを排除できないようであれば、いち早く専門病院を受診するように本人を促すことが大切なのです。

気分障害で入院したら

聴診器とキーボード

躁鬱病は企業においても関心を集めており、メンタルヘルス対策が進んでいるものです。患者が病院に入院した場合、初めは休養をしっかりとれるように接し方を工夫したほうがいいでしょう。また回復してくると活動しやすいように接する工夫が必要になります。

View Detail

精神疾患の治療

ドクター

躁鬱病や適応障害などの精神疾患は、精神科や心療内科の病院で治療することができます。病院では薬物療法を中心とした治療が受けられます。症状によっては、精神療法や認知行動療法、心理カウンセリングなども行われます。

View Detail

気分障害かなと思ったら

悩むメンズ

躁鬱病への関心が、患者数の増加で高まってきています。主に脳疾患や癌がある人はこの疾患を合併しやすいと言われています。また新型鬱病も関心を集めている症状の一つです。躁鬱病の治療において病院への入院が必要かどうか分からない時は、外来を受診すると医師の判断が仰げるので訪ねてみましょう。躁状態、鬱状態に合った治療を行う薬物療法が、この疾患の治療の中心となります。

View Detail